2013年04月28日

1・2番問題



アップトン弟に打点がつかず申し訳ない状態が続く。シモンズは、ここまで20試合でOBP298。BABIPは、.242とやや低いようにも思われるが、自動アウトの内野フライ比率が非常に高く、今の打撃内容だとこれを不運ということは出来ない。シモンズの場合、コンタクト率と四球率は高水準なので、後は内野フライをどれだけ減らせるか。一方BJアップトンは、BABIP173でOBP228。簡易xBABIP285。BJも内野フライ比率が急上昇しており、流石にBABIP173は低すぎるとしても、本来あるべきxBABIPは285という数字が示すよりはるかに低く、また昨年の「爆発月」を含めたトータルの成績でさえOBP298だったことから、通常月のBJはOBP280程度が期待値。アップトンがゾーンに入らない限りシモンズより塁に出られない選手であることは明らかなので、ランナーを少しでもJ−UPの前にためようとするならBJが1・2番というのは選択肢に入れるべきではない。アグラは、BABIP216でOBP296。今季のアグラは前2者と違い内野フライが激増したようなこともなく、ラインドライブ率もいつも通り。今年はむしろゴロが増えBABIPにはプラスに働くはずだが、ここまで低いというのは、これは運がマイナスの方向に作用していることを意味しているだろう。簡易xBABIPは290と運が戻りさえすれば、3割中盤に近いOBPは期待できる。ここ2試合は2番で結果が出ていないが、少なくともBJとアグラのどちらをJ−UPの前に置く方がベターかという答えは出ているだろう。クリス・ジョンソンはもともとラインドライブ比率が非常に高くキャリアBABIPは354と非常に高く、今季のxBABIPも343と流石に今の4割を大きく超えるBABIPはラッキーといえるが、この高いBABIPに支えられ、AVG280+に3割代前半からあわよくば中盤のOBPは期待可能。ヘイワードは、とにかくフライ比率の顕著な伸びでBABIPはそれほど伸びが期待できずxBABIPは274。打撃内容は全く問題なく、内野フライも少なく足も速いためこれよりもやや上回るBABIPを期待できるはずが、現在のBABIPは114(OBP261)。これは不運以外の何者でもない。ヘイワードのBABIPがあと2割弱上昇するということを考えれば、ヘイワードのOBPがシーズン終了までに380に達しても全く驚くべきことではない。これからのOBP期待値としては、ヘイワード>>>>>アグラ≧ジョンソン>BJ(爆発時)>シモンズ>>BJ(通常時)アップトンを3番に置きつつ1・2番に一番塁に出られる選手をおきたいとなれば、現状ではヘイワードとアグラがベストです。フリーマンも2A時代に2番を打っており、打てないこともないと思いますし、とりわけマッキャンが戻ってきたら考慮されるオプションかもしれません。
posted by positibrave at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブレーブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

2A所属時主要選手成績



マイナー(22)BA37位
IP87 HR8 BB35 K109 AO/GO1.10 ERA4.03

ウッド(22)IP22 HR0 BB4 K25 AO/GO2.17 ERA0.82 

グラハム(22〜3才)  BP65位 BA94位 MLB100位
IP69 HR2 BB24 K61 GO/AO2.16 ERA3.15

ギルマーティン(22才) 
IP119 HR9 BB30 K86 GO/AO0.98 ERA3.54

ウッドの場合、スタッフ的には、デビュー時のマイナークラスのものはあり、ここまではマイナーより完成度の高い投球を見せつけていることから、よりリリーフ向きといわれそのことが評価にややマイナスになるかもしれないが、トップ100の中のどこに食い込んでくるか非常に楽しみ。
グラハムは2A2年目で制球が落ち着き、らしい投球。トータルのスタッフは互角かややグラハムというところ。グラハムより1歳若いウッドが、同じレベルのゴロ率に、より高いK率を残していることから評価が逆転する可能性は十分ある。ギルマーティンより長期間2Aに塩漬けにするということは考えにくく、このまま好投を続ければ両者とも夏場には3Aに昇格するだろう。
ギルマーティンは、制球力は2A時には傑出していたが、平凡なスタッフを補うのには不十分で、制球力以外のスタッツに説得的なものがない。
ウッド・グラハムの看板プロスペクトとマーティン等の準トッププロスペクトの間に位置づけられる投手。

続きを読む
posted by positibrave at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブレーブスマイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

プロスペクトランキング(2013.4)



1テヘランRHP 
2ガティスC/LF/1B
3グラハムRHP
4ベタンコートC
5ウッドLHP(今季サンドウィッチピック指名選手)
6タードスラビッチOF/1B
7カブレラRHP
8ギルマーティンLHP
9シムズRHP(今季2巡指名選手)
10メレホLHP
続きを読む
posted by positibrave at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブレーブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする