2013年06月27日

シムズトップ50プロスペクト入り



BPミッドシーズントップ50で開幕前のトップ101圏外だったシムズだが、たった2ヵ月半のパフォーマンスで一気に50位にランクイン。
このランキングの上がり方は、順調に行けば、今シーズン終了後にトップ30、来季終了時に一桁を狙えるエリートプロスペクトコースに乗ってくる。将来のエース候補ということも言えるだろう。
ぽじてぃぶのランキングでも先日ウッドをかわしシムズがトッププロスペクトとなっている。

グラハムは怪我で評価を下げている。
因みに開幕前は、テヘラン52位(去年は5位)グラハム93位 ベタンコート93位。
ウッドはランキングにオフに入る前に卒業ということになり、グラハムは肩の怪我からしっかり復帰さえ出来れば、トップ100入りは問題ない。

続きを読む
posted by positibrave at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブレーブスマイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

今季戦力になりうるプロスペクト



今季は投のウッド、打のガティスがデビューしチームに貢献しているが、チームをさらに上昇させうるプロスペクトについて。

ハイメRHP
100mphを超える真っ直ぐは80グレード。22イニングで39奪三振。ただ四球も13で、上でもある程度四球を出しても抑えられるだろうけど、流石にもう少し減らさないと厳しい。最近ギアリンがおかしいので右リリーフは必要になってくる可能性大。アヤラとクリマルはようやく復帰のめどがついたようで、ギアリンがこのままおかしいようだと、カーペンター・ギアリンが降格し、まずはこのベテラン2人を復帰させるだろう。
一番可能性が高いのは、9月に顔みせ程度の登板。

トーマスLHP
ウッドが上がってしまったので、トーマスの必要性は薄くなったが、ここに来て先発転向。起用の幅を広げられれば、昇格のチャンスはさらに広がる。ただ制球が悪化しており、調子は下降気味。トーマスも40イニングで59Kと高いK率。

続きを読む
posted by positibrave at 04:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | ブレーブスマイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

ショートシーズン開幕(2013)



ダンビル投手陣最年少が20歳のウビエラとそこまでわくわくする面々ではない。

去年のDSL最優秀選手のフローレス(20)にはある程度注目。初登板は5回9K。
一方の野手は素材型の若い選手がそろい楽しみ。
最年少は19歳の、リエン、デラロサ、サンチェス、カマルゴ、カラティニ、ラウマン。
カマルゴは、SSに転向したようでさらに期待度アップ。去年はDSLで高打率に良い選球眼を見せる。
リエンは全てのツールが揃っている去年の11巡以降の目玉。
カラティニは今年の2巡で、打席に多く立たせるため今シーズンは3Bに専念。最終的なポジションは、教育リーグで決定。契約金80万ドルが示すとおりこの中ではカラティニがもっとも期待される選手。去年の2巡ウッドの70万ドルをも上回る高い期待値。

レンが就任して以降、投手、CF、SS以外の選手がはじめて2巡以内で指名されており、チームが3B強化に本腰を入れ始めたことを示している。

カマルゴ、リエン、カラティニには要注目。

続きを読む
posted by positibrave at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブレーブスマイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする