2014年07月31日

レギュラー162試合/ベンチ81試合/SP32先発/RP65登板 換算WAR ナショナルズと比較



レギュラー野手
C   ラモス5.4           ガティス6.5   ATL+1.1
1B  ラローシュ1.9         フリーマン5.0  ATL+3.1
2B  エスピノザ0.4→カブレラ1.8 ラステラ3.5   ATL+3.4
3B  レンドーン6.0         CJ0.9      ATL−5.1
SS  デスモンド3.3         シモンズ2.7   ATL−0.6
LF  ハーパー0.4          J-UP4.3     ATL+3.9
CF  スパン4.3           BJ0.3      ATL−4.0
RF  ワース4.3           ヘイワード6.4  ATL+2.1
※ハムストリングの故障で6−8週間離脱といわれるジマーマン4.0
レギュラー野手トータルATL+2.5

ベンチ
ロバトン0.0              レアード1.3
ウォルタース0.5→エスピノザ0.2    ペーニャ0.0
フランゼン−0.3            ゴセリン−2.1→ボニファシオ1.9
マクラウス−0.5            シェーファー0.0へアストン−1.0                               ドーミット−0.6
ベンチ野手トータルATL+3.8
ボニファシオ補強で、現状ではATLにアドバン。ソウザが怖い。ウォルタースはいなくなってくれてよかった。続きを読む
posted by positibrave at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブレーブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

ミッドシーズントップ20ランキング比較



ぽじてぃぶ(左)と公式(右)のミッドシーズントップ20
1ペラザ2B/SS(20) 2A ↑↑  公式1位
2シムズRHP(20) A+ ↓↓  公式2位
3べタンコートC(22) MLB →↓ 公式3位
4デービッドソンLF(18) R→  公式4位
5カブレラRHP(20) A+↓ 公式6位 
6グラハムRHP(24) 2A↓ 公式12位 
7パーソンズRHP(21) A+↑→ 公式9位 
8ハーシュRHP(22) 2A→↓ 公式5位 
9アルビーズSS(17)R↑↑ 公式圏外
10カラティニC(20) A→ 公式7位
11クビツァ3B(23) 2A↑ 公式11位
12ゴセリンUT(25) MLB↑↑ 公式圏外
13グロッサーRHP(19)R+↑ 公式16位
14ダイクストラ2B(18)R↑ 公式圏外
15シュリーブLHP(23)2A↑↑ 公式20位
16マーティンRHP(24) 3A→↑ 公式10位 
17イェペスOF(16)DSL→ 公式圏外
18フレンチェクRHP(18) R→↓ 公式8位
19レンCF(23) 2A→↑ 公式18位
20ノースクラフトRHP(24) 3A↑→ 公式15位

公式13位Vレイエス ぽじてぃぶ31位  
14位ハイミ        22位  
17位カマルゴ       36位  
19位カニンガム      25位

続きを読む
posted by positibrave at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブレーブスマイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

2014ミッドシーズントップ50



1ペラザ2B/SS(20) 2A ↑↑ 
サザンリーグ野手最年少 2Aでも勢い止まらずAVG365 GG級の守備 将来像はブランドン・フィリップス今の見た目よりはパワー系になるはず◎サードゴロをヒットにするペラザhttp://m.mlb.com/video/topic/26271672/v34573553/?query=peraza

2シムズRHP(20) A+ ↓↓ 
K大幅減少 スタッフ維持も対戦打者のレベル上昇で見切られる。

3べタンコートC(22) MLB →↓ 
肩以外まだMLBレギュラー格に達せず。3AでwRC+100をクリアしたい。トップ100最後尾ポジション。

4デービッドソンLF(18) R→ 
待望の打撃ガチ型 打撃に関しては特に心配なし 不安はレンジ

5カブレラRHP(20) A+↓ 
2か月半ぶりにA+復帰 復帰後はIP4.1で無四球無失点 傘下最高天井投手徐々にイニングを増やしている段階

6グラハムRHP(24) 2A↓ 
2A以上で、4番手格より上に行けるのは完全復活した時のグラハムしかいない。上腕の故障でDL入り。

7パーソンズRHP(21) A+↑→ 
K・BB・GB率がそれなりに高い水準でまとまっている。ただ今季もう少しガツンと上がる期待感はあった。

8ハーシュRHP(22) 2A→↓ 
高いゴロ率 2シームごり押しスタイル。 Kがあまりに少なすぎる。ローテ下位いければ。

9アルビーズSS(17)R↑↑
17歳にしてGCLでプレーできるというだけですごいことだが、それに加えて成績も抜群。OPS926 SB6。キュラソー産ペラザ型SS。ペラザよりハイペースで昇格中。

10カラティニC(20) A→ 
最近は捕手専念。捕手としてこの年齢でこれだけ打てれば、十分。守備がどこまで向上するか。

続きを読む
posted by positibrave at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブレーブスマイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする