2016年02月12日

ジェイスにレギュラー定着を期待



参考)
ジャスティン(24).263/.354/.464 wRC+109
ジャスティン(25).270/.342/.491 wRC+129

ジェイス(25).239/.314/.335 wRC+80
ジェイス(26)???
※2Bメジャー平均 .261/.315/.391 wRC+93

当時のジャスティン同様、手の親指の腱をを相当程度傷めたままシーズンの大部分をプレーしていたようで、親指が万全なら、特にパワー面の向上が期待でき、MLBの2B平均程度の打力は期待していいだろう。
足も守備も2Bとして並レベルにはあり、最低年俸で使える、中の下レベルのレギュラーに収まってくれるならそれはそれで大きい。
来季終盤にスワンソンがSSのレギュラーに定着し、ヘイワードペースで突き進めばアルビーズも来年の早い段階で到達可能。
アルビーズは肩の評価がぶれていたものの、強いという方向で一致してきており、3Bとして望ましいタイプかは置いておいて、守備的には十分こなせるはず。

▽ジェイスがレギュラー定着した場合の17年仮オーダー
1LFマレスミ L 0.5M
2SSスワンソン R 0.5M
31Bフリーマン L 20.5M
4C
5RFマーケイキス L 11M
6CFインシアーテ L 4M
7DHオリベラ R 6M
82Bジェイス L 0.5M
93Bアルビーズ S 0.5M
 
Cフラワーズ 3M
IFカストロ 0.5M

コスパ的には優秀も、やはり中軸のパワー要員をCに任せるという現実には難題となる補強ポイントが残ることになり、下記の編成の方がベター。

1LFマレスミ L
2SSスワンソン R
31Bフリーマン L
43Bグリエル兄(仮)R
5RFマーケイキス L
6DHオリベラ R
7CFインシアーテ L
8Cセルベリ(仮) R
92Bアルビーズ S

ジェイスを、来年勝負するならテヘラン以外にさらに4人新しく発見しなければならないローテ投手(4番手格)とでも交換して、オリベラより打力もコストも評価も上回る、かといって、FAの目玉程には価格が吊り上がらないであろうグリエル兄を狙うというのは、年齢というリスクはあるものの、十分採り得る選択肢。

捕手に関しては、べタンコOUTフラワーズINという動き、さらにはルクロイへの興味という点から見て取れるのは、フレーミングスキルの重視。
フレーミングに優れ、QOには引っかからない額でとどまりそうな16年オフFAのセルベリは補強傾向的にあり得る選択肢。続きを読む
posted by positibrave at 07:00 | ブレーブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする