2016年05月30日

ドラフト指名権期待値



◇2016年指名権上位5つ

全体3位指名 生涯通算WAR平均10.3
歴代最高WAR:ヨーント77.0
現役最高WAR:ロンゴリア43.6

全体40位指名 生涯通算WAR平均1.7
歴代最高WAR:タパニ29.4
現役最高WAR:ストリート15.2

全体44位指名 生涯通算WAR平均1.9
歴代最高WAR:ヴォット―42.6
現役最高WAR:同上

全体76位指名 生涯通算WAR平均2.7
歴代最高WAR:アトリー63.7
現役最高WAR:同上

全体80位指名 生涯通算WAR平均1.9
歴代最高WAR:グランダーソン41.5
現役最高WAR:同上

2016年上位5指名権トータル生涯平均WAR18.5続きを読む
posted by positibrave at 07:00 | ドラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

2017年ローテ候補



◇リッチ・ヒル(36)FA 
G13 IP78.2 HR4 BB35 K95 ERA2.17 xFIP3.22 WAR2.4(2015〜6)

かつてATLが契約したデレク・ロウのATL契約直前と同じクラスの投球をしており、FAになる年齢も一緒。
ストラスバーグが抜けたため、16オフFAの一番の目玉投手の1人になるはずだが、今は2-3番手クラスの力があっても年齢が年齢だけに、ロウの時同様3-4番手に即落ち込むということも契約する上では覚悟しておかなければならないだろう。
ただ、去年の終盤からの活躍で継続的な実績はないため、ロウのように4年は必要ないはず。
速球の空振り率がMLBの先発投手でダントツトップの36%。

◇フリオ・テヘラン(25)
G9 IP56 HR5 BB21 K47 ERA2.73 xFIP4.31 WAR0.8

まだ一番よかった時と比べて制球面は物足りないものの、年々ゴロ率上昇中。
徐々にフライ系からニュートラルタイプへ変わりつつある。
許盗塁より盗塁刺や牽制でのアウトの方が多く、進塁阻止に際立った長所がある。
2000BIPを超えてもFIP系とERAが大きくかい離したままで、FIPでは真価が測れない投手が一部にいるがその投手の1人として認識しておいて良いだろう。
17年以降も4年37Mと、市場価格の半額以下という超格安でテヘランを保有できる。
フリーマン以外は全員トレードの可能性はあるが、テヘランを売るなら相当な対価でないとATLとしても出す意味がない。続きを読む
posted by positibrave at 07:00 | ブレーブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

2017年LOOGY候補



◇パコ・ロドリゲス(25)対左
PA91 .230/.264/.414 HR2 BB4 K30(3A・MLB)2014年
PA45 .244/.289/.293 HR0 BB3 K9(MLB・リハビリ)2015年

TJSからの回復が順調で、本来の力が戻ればLOOGY1番手の実力者。

◇A.J.ミンター(22)
IP21 HR0 BB8 K29(SEC) 2015年(全登板先発)
IP8.2 HR0 BB1 K10(A・A+)2016年(全リリーフ)

TJ明けということもあり慎重にA級スタートの去年2巡指名。既にA+昇格。
術前にSP転向しており、SPとして育成の可能性もあったが、リリーフとして早期に上げたい模様。
RPとしては常時93-95t97。SUの天井。フロアはLOOGY。
制球面で課題は残る投手だったが、下級マイナーでは全く問題なし。

◇イアン・クロル(25)対左
PA32 .129/.156/.161 HR0 BB1 K14(3A・MLB) 2016年
PA95 .256/.333/.341 HR1 BB10 K27(3A・MLB) 2015年

昨年比で1mph程速くなり、平均94mphは左腕ではかなり速い方。
制球がもう一歩というところから、今季のロケットスタートで、昨季からのトータルでも並の制球力と言えるところまできたことから、期待できる存在として浮上。

◇ハンター・サーヴェンカ(26)対左
PA35 .094/.171/.156 HR0 BB3 K12(2A・MLB) 2016年
PA67 .224/.318/.241 HR0 BB8 K23(2A・3A)2015年

共に左打者相手にKを奪える点で共通も制球力はクロル。クロルの方が1.5mph程速い。続きを読む
posted by positibrave at 07:00 | ブレーブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする