2016年07月31日

2016年夏 プロスペクトランキングトップ50



1SSマイタン(16)--
ツール評:60 60→70 60→50 60 60。
2016-17IFAで最大の大物。IFA最大の大物の獲得は07-08シーズンのテヘラン以来。
ベネズエラ出身選手史上最高額の4.25Mで契約。
ミゲル・カブレラ以来の大物との声も上がり、1試合もプレーしないままBAトップ100入りへ。
順調ならデビューは2020年。

2SSアルビーズ(19)3A
3Aにもアジャストしてきている。10代デビューある。
2Aに戻るもパフォーマンスの問題での降格ではなく、スワンソンとコンビでプレーさせるため。
打撃ツール70と言われるだけあり、2Aでは19歳にして4割前後の打率を維持。
ポジションは2Bへ。

3SSスワンソン(22)2A
シーズン半ばでまさかの大スランプも、持ち直す。将来の正SSはアルビーズではなくスワンソン。
攻走守すべてにそつがない。

4RSPソロカ(18)A
18歳とは思えない成熟したピッチング。ローテの中位でイニング稼ぎまくれる体つき。
速球は90mph前半とそれほどでもないが、この年齢にしては驚異的な制球力有。
スピンレートの非常に高いカーブも持つ。
BAトップ100でも既にトップ100入りを果たしている。
夏に差し掛かりややバテ気味。

5LSPアラード(18)R+
背中の影響で今年も出遅れ。健康なら素材は今年の1巡指名よりも上。
Aのローテが渋滞していることもあり、R+で投げているが、格の違いを見せつけている。

6RSPアンダーソン(18)R
実質は全体3位というほどでなくとも契約金は6位指名相当。
その分ウェンツとムラーの2人を1巡中位相当で確保した。
ドラフト直前は94-97mph。

7LSPウェンツ(18)R
1巡中位相当の契約金で入団。
高校三年時はERA0.00を記録し、プロデビュー後も3先発で無失点。

8LSPムラー(18)R
指名順位もBA評価も体格もウェンツとほぼ同じ。
こちらも1巡中位相当の契約金で入団。

9RSPガント(23)MLB
非ノーコンで三振の奪える組織で希少なプロスペクト。先発のチャンスに値。少なくともMR。
MLBでもSPとして足場を固めつつあったが、脇腹を負傷し離脱。
復帰後も好投すれば来季のローテ枠を確保できるだろう。
投手としての力量はウィスラーあたりより上。

10LSPニューカム(23)2A
去年から横ばい。少なくとも一部で言われるような90後半の速球は投げていない。91〜94。
いじりようのない綺麗なフォームからの制球難で、厄介。
依然主要どころではトップ30に近い評価を受けているが、計算には入れられない。
シモンズのトレードは、元々リスキーなニューカム1人の価値に依存するトレードで、危険なにおいを発し続けている。続きを読む
posted by positibrave at 07:00 | ブレーブスマイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

組織wRC+100超野手一覧



※PA150+

2B/3B/OFデメリット(21)A+
G88 wRC+147 K%33 ISO.311

打者有利の環境でプレーしていたため、移籍後はパワーナンバーは落ちるだろうが、ATLの中では圧倒的。

LFダスティン(21)2A ※トップ10からギリ漏れるもかなり若い方
G97 wRC+129 K%16 ISO.149

球場が広いこともあり、中々オーバーフェンスは無いが、ギャップにはコンスタントに飛ばせる左キラー。

2Bアルビーズ(19)2A~3A ※2A、3Aリーグ内ダントツ最年少
G103 wRC+128 K%14 ISO.118

年齢、ポジション考えると何の文句のつけようのない好成績。
傘下最優秀選手賞最右翼。

SSスワンソン(22)A+~2A 
G90 wRC+128 K%17 ISO.159

2A昇格後まずまずも、来年頭からレギュラーを、となると物足りない成績。
シモンズ(22歳@2A)の打撃成績よりも劣る。

CFミシェル(18)DSL~R
G40 wRC+128 K%10 ISO.096

DSL2年目でそこそこの結果を出し、本国に途中昇格。
同世代CFのアクーナやベンチュラほどの魅力は無し。続きを読む
posted by positibrave at 07:00 | ブレーブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

2017年 組織暫定ローテ



ATL
1テヘラン
2フォルティ
3ガント
4ペレス
5ウィスラー

来年はプレーオフを本当の意味で争えるだけのチームを作る予定で、勝負するとなると心許ない暫定ローテに、外部から1枚は加えるはず。FAでは年齢が心配なヒル程度。トレードがベター。
ウィスラー、ニューカム、トゥサン、ブレア、このあたりは特に評価が落ちないうちにトレードの駒として使うべきだと思ってる。
上記5人以外でローテ争いに食い込んでくるのが、ブレア、ワーレン、ポブス。
上では制球の安定するフォルティがこのまま安定し続けてくれるようだと、ものすごく大きい。
テヘランの場合、高い要求対価に応えられるチーム自体が限られていて、値段を下げてまで出すこと必要もない状況で、トレードが成立するかは怪しい雰囲気。続きを読む
posted by positibrave at 07:00 | ブレーブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする