2015年05月29日

2015ドラフト ATLシミュレーション(14〜89位)



14位
Cタイラー・スティーブンソン BA15位

今ドラフト最強捕手。肩、守備とも今ドラフト選手最高峰のツールが並ぶ。
ウィタースを彷彿とさせるフレーミング技術は80グレードとも。
落ちてもATLまで。直前の評価上昇と捕手不足が相まって今の評価は多少バブリーな感あり。
捕手は最大の穴といって良く、ニーズに沿い、しかも地元出身高校生とドンピシャ。
スロット近辺で契約できるはずで、ピックが多く指名に柔軟性が持てるATLは、補完指名権でリスク物件特攻十分あり。
スティーブンソンが残らなかった場合、ランドルフの可能性大。
ランドルフは、今ドラフトで最高の打撃ツールを持つ選手の一人との評価。
ランドルフは遅くとも21位のKCまでに指名される観測。

28位
RHSPマイケル・マチュエラ BA23位

TJ物件に飛びつきまくり、J-UPトレードで指名されたばかりのTJで全休中のホフマンを要求したチームが、マチュエラが残っていた場合に飛びつかない理由がない。
ATLの場合指名権が多く、後ろの指名で調整が出来るため、攻めるならここという感じが強くなっている。
投手は薄いので、質も量も高めていく必要がある。
エイケンが残っている場合も、さらに高くつきそうだが、プール総額全体4位のチームとしてやはり可能性はある。




41位
RHSPオースティン・スミス BA47位

力感のないフォームから最速96mphを投げるジョージアの裏庭フロリダの高校生。
プラスの速球を持ちながら、高校生の中で制球力は最高峰の評価を受けており、ぜひとも欲しい。
変化球は速球から大きく後退している模様だが、何とかできる育成力は持っている。

54位
RHSPトリスチャン・マッケンジー BA51位

サルティと同じ高校のマッチ棒体型の右投手。
マッチ棒ながらすでに球速は92mphで動きもある。
青田買い。

75位
RHSPカイル・コディ BA75位

少し前までは1巡候補だった、大型パワーピッチャー。
制球難でストックダウン。
SPとして大成できる可能性を持っているが、RPとしてなら100mphを計時可能。

89位
RHRPタナー・ライニー BA92位

ウェストアラバマ大のCL。ATLとリンクしていると伝えられる。
3巡はほとんどあたらないので、RP指名で少しでも最低限の当りは得ようとする試みはあり。

〇まとめ
14位では野手本命・対抗で、その先の指名巡は不透明も、本来は欲しいパワーヒッターがいまいちなドラフトで、投手の質・量ともに増強を目指すドラフトはあり。今ドラフトはSSに関しては豊作ということもあり、指名候補としてSSジャレン・ミラーの名前も挙がっている。
posted by positibrave at 07:00 | Comment(2) | ドラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
ドラフトやプロスペクトは色んな想像が出来て楽しいです。
ドラフト育成トレードの三本柱で王朝を築いてきたわけですからドラフトは大切ですね。捕手はレギュラーのロペス、エストラーダ、マッキャンと優れたバックアップが上手く組み合っていましたね。優秀な地元選手なら是非とも。打力はどんな感じなのでしょうか。
Posted by 31472934 at 2015年05月29日 20:58
コンタクト面に不安を抱えるものの、パワーの評価が高い打者ですね。
流石にこの順位で指名される捕手なので、守備専というわけではないです。
Posted by ぽじてぃぶれいぶ at 2015年05月29日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]