2015年05月30日

2015ドラフト ATLとリンクするプレーヤー一覧







<上記情報含むまとめ>
14位   CFホイットリー Cスティーブンソン 3Bランドルフ
28位   3Bハジェス
28/41位 SSミラー LHSPヤング
41位   3Bカバージ
54位   RHSPフィンリー
54/75位 RHRPライニー
54〜89位 RHSPウッドフォード




3Bと投手に重点を置いているのが感じ取れる。
3Bは唯一の希望ルイズが苦しんでいる。
アルビーズは転向可能で、ジェイスもできるが、どちらも最適はM-IF。

3Bで名前の挙がるランドルフ、カバージ、ハジェスともにパワーより打撃の方の評価が高い。

ライニーは上手く育てばCLになれるだけのスタッフを有しているが、必要以上の高順位指名は避けたい。

ヤングは大学生投手版安全策。フィンリーは高校生投手版安全策。

ライニーとヤング以外は全員高校生で、フィンリー以外はジョージア近辺の高校生と例年の傾向通り。

噂に上がる名前からすると、攻めるというよりストライクを確実にとっていくタイプの方向性。
本当の本命はトップシークレットだろうし、あえてそこそこ興味のある選手の情報をまいていると信じたい。
ピックが多いからこそ置きに行かず攻めてほしい。



posted by positibrave at 07:00 | Comment(2) | ドラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です
クラーク率いるスカウト陣に意欲的に集めた上位ピックと期待感しかないドラフトですね
パワーより打撃というスタンスはミートの下手な80パワーのコディー・ジョンソン氏で懲りた感じでしょうか

DSLのロスターがセットされましたがJuan YepezやRaysheandall Michelなど6〜7人の名が見当たりません
怪我などで登録されていないだけかもしれませんが昨年のアルビーズのようにいきなりGCLデビューでしたらうれしいですね
Posted by ギルモア at 2015年05月30日 10:25
野手ハイリスク型はATLで大成するイメージわかないので、避けるのが無難だと思いますね。
オリモロイェなどはコディ・ジョンソンみたいなハイリスク物件をしっかりものにできるような育成力があれば獲ってほしいんですけどね。そういう系得意じゃないと思うので。

特にイェペスは額を払ってますから、最初からある程度インパクトは残してもらいたいです。
Posted by ぽじてぃぶれいぶ at 2015年05月30日 13:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]