2015年06月12日

2015年ブレーブスドラフト 4巡〜40巡



◆4巡以降31巡までのBAトップ500圏内指名者
4巡  RHPジョシュ・グラハム BA198位
5巡  RHPライアン・クラーク BA220位
7巡  RHPパトリック・ウェイゲル BA192位
8巡  LHPライアン・ローラー BA275位
9巡  RHPテイラー・ルイス BA184位
11巡 RHPグレイソン・ジョーンズ BA284位
13巡 LHPチェイス・ジョンソンムリンズ BA232位
20巡 LHPジャレット・へリンガー BA389位

事実上の指名終了の31巡までの34名の指名中、RHP16人 LHP8人 C4人 2B1人 3B3人 CF1人 OF1人と完全な投手特化ドラフトで、31巡までのBAトップ500圏内も投手10人に対し野手は1巡のライリー、2巡のハーバートのみと質の側面から見ても投手特化ドラフトと言える。
今ドラフトは、補強したかったC、パワーバットが不作のドラフトで3Bにはもう少し踏み込んでも良かったとは思うものの、育成のノウハウもある投手指名偏重の方針も理解はできる。
年齢別では、17歳3人 18歳5人 19歳2人 20歳6人 21歳11人 22歳6人 23歳1人。






◆4巡以降注目選手
20巡へリンガーは、ウィッシュリストで言及
左腕が欲しい場合、地元高校生左腕を長い目で育てるのもあり。
野球専念&体が出来てくればもしかしたらという期待感。

体が出来ていない中ですでに最速93mphを計時し、カーブ、チェンジにも可能性のある伸びしろを多分に残す高校生左腕。
確保には、同じく11巡以降指名高校生であるグロッサー、リエン級の契約金は必要となってくると思われる。
7巡ウェイゲルは、7巡指名ながら100mphの速球を持つ大型剛腕リリーフ。
100mphの速球を持ちながら大学レベルでも三振はそこまで取れておらず、制球も改善の兆しはみられるもののいまいち。
20歳とまだ若く、球速の他の武器を身につけられれば面白い。7巡でこのレベルの素材を取れれば十分以上。

なお、32巡〜40巡は毎年恒例の怒涛のダメ元高校生指名。BAトップ500内もいるが、無視してOK。

◆4巡以降当たり率
http://positibrave.seesaa.net/article/406673504.html?1434015579
4巡以降でWAR10超をキャリア通算でマークしたのは、は50年超のブレーブスのドラフトの歴史でたった14人のみ。
4巡以降からWAR10超級の選手が生まれるのは、は3、4年に1人程度。
クラークがATLスカウト時代(00〜09年)に4巡以降でヒットさせたのが、ラローシュ、メドレン。

◆今季4巡以降指名選手への期待
11巡~31巡中でもっとも確保したいのは、LHPへリンガー。
クラークが今年は6巡以降も重視すると言っていた通り、去年までのような8〜10巡あたりでの完全な捨て指名というのはせいぜい今季は10巡程度。
今季は、4巡以降の指名も投手特化傾向で、特にスペシャルな存在の指名はなく、数は打ったのだから実用的なRPへ大成してくれる選手が多少なりとも出てきてくれればといった感じ。MLBレベルにおいては、RP型の指名が多い。

◎ドラフト総括
全体14位という指名ポジションは、当てなければいけない高い指名ポジションで、BAトップ100入りの確率を見ても、ブレーブスの例年のドラ1ポジションである20位台後半の5倍もの確率
そこで、長持ちしないであろう点以外は何の懸念もない、健康を維持していたならもっと上で指名される投手であるアラードを指名したことは好印象。
ただ、それ以降は特に1巡の残り2つの指名権の使い方が個人的には不満。
クラークも1つのドラフトでWAR10超級の選手を複数輩出したのは、00年(ウェインライト、KJ、ラローシュ)、07年(ヘイワード、フリーマン)だけで、これまでの低い指名ポジションのブレーブスなら1人当てられれば最低限といったところだが、今季は近年なかった30球団中4番目に恵まれたドラフトポジションにおり、今ドラフトからは1人大成させた程度では十分ではなく、2人WAR超級の選手を輩出して初めて合格点といったところ。
アラードが当たるであろうことについては楽観的だが、二人目の台頭については今のところ懐疑的にならざるを得ないドラフト。
肝の1巡本指名は理想通りないしそれに近いものと言えるものの、クラークの例年通りの1巡本指名に期待度集中ドラフトに、割り当てが多い分、全体的にややスケールを大きくしたという例年の延長線上にあるドラフトいう感はぬぐえない。割り当てが多い分、特に28または41位でもう一山作って欲しかったというのが本音。
posted by positibrave at 07:00 | Comment(0) | ドラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]