2015年09月15日

大学出身超大物投手VS高校出身超大物投手



▽21C以降大学出身最上位指名投手
01年全体2位:プライアー(CHC)WAR16.5 W-L42-29 ERA3.51
02年全体1位:バリントン(PIT)WAR-0.2 W-L1-9 ERA5.62
03年全体3位:スリース(DET)登板なし
04年全体2位:バーランダー(DET)WAR42.9 W-L155-96 ERA3.52
05年全体6位:ロメロ(TOR)WAR9.7 W-L51-45 ERA4.16
06年全体2位:レイノルズ(COL)WAR-1.6 W-L6-11 ERA7.01
07年全体1位:プライス(TB)WAR28.9 W-L101-56 ERA3.10
08年全体4位:マトゥス(BAL)WAR3.3 W-L27-41 ERA4.76
09年全体1位:ストラスバーグ(WSH)WAR12.9 W-L51-37 ERA3.19
10年全体5位:ポメランツ(CLE)WAR3.4 W-L13-23 ERA4.08
11年全体1位:コール(PIT)WAR7.0 W-L37-20 ERA3.08
12年全体4位:ゴーズマン(BAL)WAR1.2 W-L12-18 ERA4.28
13年全体1位:アペル(HOU)登板なし
14年全体3位:ロドン(CWS)WAR0.8 W-L7-6 ERA3.94
15年全体4位:テイト(TEX)登板なし

ゴーズマン以降は、まだこれから次第といったところ。
01年のプライアーから11年のコールまで見ていくと、
CY受賞者:バーランダー、プライス
ローテ上位:プライアー、ストラスバーグ、コール
大学出身の最上位指名投手ともなると、およそ5割の確率でローテ上位に。




▽21C以降高卒最上位指名投手
2001 フロイド  4位  PHI 左最高位はソワーズの20位
2002 グルラー  3位  CIN 左最高位はローウェンの20位
2003 ダンクス  9位  TEX 右最高位はアリソンの16位
2004 ロジャース 5位  MIL 左最高位はエルバートの17位
2005 ボルスタッド16位 FLA 左最高位はポウレックの20位
2006 カーショウ 7位  LAD 右最高位はジェフレスの16位
2007 パーカー  9位  ARZ 左最高位はバムガーナーの10位
2008 マーティン 15位 LAD 左最高位はモンゴメリーの36位
2009 ホブグッド 5位  BAL 左最高位はマツェックの11位 
2010 タヤン   2位  PIT 左最高位はビドルの27位
2011 バンディ  4位  BAL 左最高位はマシューズの33位
2012 フリード  7位  SD→ATL 右最高位はトラビエソの16位
※シムズはジオリト、トラビエソに次ぐ高校生投手4番目
2013 スチュワート4位  MIN 左最高位はボールの7位
2014 コレック  2位  MIA 左最高位はメデイロスの12位
※トゥサンは高校生投手3番目(メデイロス2番目)
2015 アラード  14位 ATL 右最高位はラッセルの21位

今世紀に入ってから高卒最上位指名投手の中で完全な上位ローテといえるのはカーショウだけ。
利き手別に対象を広げても07年の左腕では最高位のバンガーナーが引っかかってくるくらい。
特に右投げの高卒投手は、外れ&故障率が高く、合格点の指名となったのはフロイドくらい。
ドラフトが始まって以来、未だに高卒右腕投手の全体1位指名がないというのも、この位置で指名するにはあまりに不確実でリスクが高すぎるからということが言えるだろう。

〇まとめ
来年のドラフトまでにプク、ハンセン、タイラーあたりの目玉級大学出投手が、そろいもそろって現状課題の残る制球力を向上させられなかったような場合を除いては、大学出身投手の目玉クラスを全体1位ないし2位で指名するほうがはるかに安全。
高校生は、特に右腕のはずれ率が非常に高く、指名するなら左腕がベター。
なお、クラークはスカウト部長に就任した00年以降、05年に連覇を続けるために切羽詰まった状況での即戦力クローザーデバイン指名、09年の本命ウィーラーが奪われてのマイナー指名、実質高校生相当のハーパー指名、高校の時からターゲットにしていたレンドン指名という説明の出来る例外的場合にしか大学生を1巡最上位指名しておらず、来年の1巡最上位指名の大本命はやはり高校生。
となると今有力なのは、左腕のグルーミー。
ただ、この指名ポジションなら大卒投手でより安全に大きいのを狙えるため、希望は、ハンセン/プク/タイラーの中からグッと伸びてきた投手がいたらその投手の指名。
posted by positibrave at 07:00 | Comment(0) | ドラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]