2016年04月12日

マレスミと最近昇格した野手



マレスミ(22〜3)直近64試合@3A
G64 .301/.364/.402 wRC+123 HR0 SB31 BB25 K41 BABIP.358

マイナー全体でも最高とされるスピードツールを持ち、ゴロと低いライナーを狙うスタイルで、マイナーでは各階級でBABIPは3割半ば以上。
直近のBABIPも決してマレスミ基準では高く出すぎているわけではない。
最高級の足との合わせ技で即MLB平均程度の攻撃力を期待可能。





ラステラ(25)@3A
G47 .293/.384/.359 wRC+112 HR1 SB1 BB27 K14 BABIP.308
ラステラ(25〜7)@MLB
G128.254/.326/.333 wRC+87 HR2 SB4 BB43 K47 BABIP.283

この前年2Aで無双したが、その年だけとびぬけてBABIPが高く、3Aの方が平常運転。
同じく3AでBABIPが平常運転で、よりベースの高いマレスミは、ラステラ程度の3A→MLBの成績落ち込みにとどめられれば、十分にレギュラーを張れる。

ゴセリン(25)@3A
G96 .344/.379/.487 wRC+140 HR5 SB6 BB22 K62 BABIP.401
ゴセリン(24〜7)@MLB
G99 .286/.336/.396 wRC+103 HR4 SB4 BB19 K47 BABIP.338

流石に3AのBABIPは高く出すぎているが、この年からパワーアップに成功し力強い打球が飛ぶようになっている。
上では絶対的強さがある対左でとりわけ持ち味を発揮できている。

ジェイス(24)@3A
G68 .306/.406/.464 wRC+131 HR2 SB12 BB43 K50 BABIP.374
ジェイス(24〜6)@MLB
G182 .226/.298/.312 wRC+69 HR6 SB14 BB59 K120 BABIP.285

マイナーではBABIP.330前後だったが、3Aでは高めに出ており、さらに上では親指を傷めつつプレーしていたこと、前2者と異なり、レギュラー起用で苦手な対左により多く晒された結果、3Aからの成績落差がより大きくなっている。
ここまでのMLB通算よりは期待できる打者。
posted by positibrave at 07:00 | ブレーブスマイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする