2017年02月08日

2017年グウィネットブレーブス 暫定開幕ロスター



12Bアルビーズ
2RFムステリア
3CFロハス
41Bトゥイアソソーポ
53Bルイズ
6Cレッカー
7DHウォーカー
8LFダスティン
9SSカズマー

Cフレイタス
2B/3B/LFウォルシュ
OFアダムズ

ST期間にカットされておかしくないのが、クビツァ、マイカ・ジョンソン、ウォルシュ、ラリ、フエンマイアー他
上も下も開幕は野手12人の予定で、ルイズは特にその割を食いそう。
カズマー以外はスタメン全員がリーグ平均以上に打てる力を持った選手で開幕の段階ではかなり強いラインアップ。




SP
1ブレア
2ウィスラー
3アルバース L
4シムズ
5ニューカム L
(デラクルーズ)
(メドレン)

ダンクスを確保しているものの実績のある選手のマイナー契約は大抵早期のオプトアウト条項付きなため3Aの戦力として当てにできず、アルバースを代わりに。同じようにイニングを稼ぐ役割を期待される。典型的な4A級の実力派左腕。
シムズのところがやや不安で、開幕躓くようだとそろそろSPとしては見切られる段階に来ている。
3Aレベルではウィスラー、ブレアは試合は作れるが、その上の段階まで達したい。
メドレンは確か肩の回復途上で、シーズン中盤あたりから。

RP
CLカブレラ
SUロニー
SUパコロド L
MRジャクソン
MRフリーマン L
MRコラレク L
LRジャナス
(MRマッキラハン L)
(SUリンドグレン L)

リリーフに関しては、オプション切れとルール5制約のある投手を、ひとまず開幕枠に優先的に入れてどれだけできるか見てみようということになると、例え開幕時8枠あってもオプションの残るカブレラ、パコロドがはじき出される可能性すらあり、やや渋滞気味。開幕枠候補の整理を兼ねたトレードは開幕前に起こりそうな予感。
コラレクは戦力になりそうないい選手を拾ってきたなといったところ。
左のグラウンドボーラーで上にいないタイプ。
万全な状態で復帰で来たらその強化版と言えるのがリンドグレン。TJSが去年8月で、最後復帰できるかどうか。
3A、MLBのリリーフが渋滞しているため、上のロスター整理がない限り、3Aに配置してもいい段階きている若手と言える、ミンター(傘下ナンバー1リリーフ有望株)、モリス、ダークスあたりは2Aで待機しそう。

ハーシュ、マークスベリー、ブラザーズはマイナーでの枠確保も厳しい立ち位置。

※ダンクス同様、オフラハティ、ウォルデン、ボイヤーあたりもMLB入りを逃したらそのまま3Aに居残る可能性は高くないと思われるため除外。
posted by positibrave at 23:00 | ブレーブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする