2017年05月26日

ATL傘下次につながるタイプの好成績野手ピックアップ



SSカマーゴ(23)3A
PA94 .307/.340/.466 wRC+124 K%16

ここ数年緩やかにパワーは上昇し続けていたが、去年冬から目に見えてパワー上昇。
SS本職のスイッチとりわけ3B適性ありと、かつてのラミロペーニャのようなチームの強みになりうるUTへと成長。






CFパチェ(18)A
PA185 .296/.355/.380 wRC+112 K%19

守備系ツールに傑出した選手で、アンドルーと比較できるレベル。
当然アクーナと並び立った場合アクーナがRFに回ることになる。
18歳@Aでは過去2年アルビー、アクーナとスーパーレベルのプロスペクトが誕生しているが、パチェはコンタクト面で彼らに劣るもののかなり18歳としてはかなり視界良好なスタート。トップ100も射程。
15年IFAではこれまでの多数人への分散投資(それもあって目玉ではなく準目玉級から当たりが出る状況が続いていた)ではなく、3人に投資を集中させる方針に転換したが、そのうちの一人であるパチェが花開きつつある。
ATLIFA史上3位の契約金で獲った選手なので、さすがにクルーズ、パチェとどちらも空振りするようだとサルセドの時同様、スカウトの責任問題が浮上するクラスの選手。
posted by positibrave at 07:00 | ブレーブスマイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする