2017年06月16日

2017年ミッドシーズントップ50プロスペクト〜ドラフトメモ〜



12B/SSアルビーズ
2RHSPライト
3CFアクーナ
4LHSPゴハラ
5SSマイタン
6LHSPニューカム
7RHSPアンダーソン
8RHSPソロカ
9LHSPフリード
10LHSPアラード
11SSカマーゴ
12RHSPシムズ
13RHSPトゥサン
14CFパチェ
15RHSPウェイゲル
16LFダスティン
17RHSPウィルソン
183Bライリー
192Bデメリット
203Bルイズ
212Bセベリノ
22LHSPウェンツ
23Cジャクソン
24RHSPデルロサリオ
25LHSPミュラー
26RFウォーターズ
27LHRPミンター
28LHSPサンチェス
29Cハーバート
30Cカンバーランド
31RHSPターノク
32Cフレイタス
33RHRPウィンクラー
34RHRPハーシュ
35LHRPリンドグレン
36SSクルーズ
37Cグティエレス
38LHSPハリントン
39RHSPコントレラス
40RHSPランヘル
413Bペーニャ
42SSソト
43LHRPビドル
44RHRPダークス
45LHSPパイク
46RHRPピーターソン
47RHSPウィズロウ
48LHRPジョンソンムリンズ
49IFバレンズエラ
50LHSPロウラー




◇メモ
・ライトとは相思相愛。完全に理想通りの指名。
バンディーに15年かかわってきた監督談によると、これまで指導してきた中でプライスに次ぐ選手。

参考)バンディー過去最上位級指名3年次成績
プライス→大エース
IP133 HR3 BB31 K194
マイナー→3番手
IP111 HR10 BB37 K114
ライト→2番手?
IP103 HR3 BB31 K121

・ウォーターズは、打撃がプラットに次ぐ高校生ナンバー2との評判で他のツールも55〜60級が揃う。
傘下OFは、アクーナのほかに傘下ではパチェがウォーターズと同年齢ながらすでにA級にアジャストしている。
守備がとてつもないためパワーがついてくれば、CF最優先はパチェ。

・去年のIFA投手目玉の一角デルロサリオは17歳ですでに92-96mph&+カーブ。

・ペーニャ、セベリノの目玉級はマイタン等との重複を避けるためかDSLスタート。

・3巡高校右腕ターノクは最速98mphに加え、体型的なものと投手経験の浅さから伸びしろも大きい。
2巡のウォーターズとほぼ同額で契約しておりそん色ない評価。実質2巡。

・以上、今ドラフトは、ライトにローテの主戦級に育つくらいの大きな期待、ウォーターズはこのレンジの指名は決して成功率は高くないので出てきてほしいなぁ位、ターノクも同様。ウォーターズよりもリスキーな感じ。
4巡以降は4巡ベーコン筆頭に良いリリーフが1枚2枚出てきてくればなぁといったところ。
今ドラフトは、特にライトにかかる契約コストが大きいのと、エクストラピックがないことが影響してプール総額が大きくないため、5位という順位ほどには攻められたピックの数は多くなかった。その分堅いライトを大きく当てたいが、期待は持てる。ライトの成功不成功がそのままドラフトの成功不成功に直結し得るドラフト。
posted by positibrave at 07:00 | ブレーブスマイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする